セキュリティが決め手!賃貸の防犯対策は万全に!

玄関ドアが二重ロックの物件を選ぶ

賃貸を選ぶときに、立地や賃料、間取りや広さなどと並んで重要になるのが、防犯性です。最近の賃料物件は、建物の共用入り口に防犯カメラがついていて、ドアはオートロックになっていることも多くなってきました。ただし、これだけで防犯対策は十分というわけではありません。
これに加えて、各部屋の玄関ドアが二重ロックになっていると、さらに安心です。空き巣被害を防ぐには、ピッキング対策とサムターン回し対策が取られていることが重要だと言われています。最近の玄関ドアに取り付けられている鍵は、どれもピッキング対策が取られていて、ピッキングで簡単に解錠することはできなくなっています。そのため、後は補助錠でサムターン回し対策が取られていれば完璧というわけです。
入居してから自分で補助錠を取り付けるという方法もありますが、二重ロックが標準仕様となっている賃貸物件も探せば簡単に見つかるようになってきました。

サッシには補助錠を取り付ける

空き巣の侵入経路は、玄関ドアだけではありません。ベランダから部屋に入ってくるケースも意外と多いんです。ベランダからの侵入を防ぐには、サッシに補助錠を取り付けるのがよいでしょう。
特別な工事をする必要がないサッシ用の補助錠が、通販やホームセンターなどで手軽に手に入ります。両面テープで貼り付けるだけで、簡単に設置できるものもあります。工事が必要な補助錠の場合、大家さんや管理会社の許可を取ったり、引っ越しするときに原状回復する必要があります。しかし、両面テープで貼り付けるだけの補助錠なら、引っ越しするときも簡単に剥がせるので、それほど手間がかかりません。
サッシに補助錠をつければ、夜寝ているときの安心感が違います。特に、女性の方にはおすすめです。

© Copyright Houses And Flats To Rent.All Rights Reserved.